ふとしたサインを見逃さない

f:id:mayatekihibi:20170608211425j:plain

自分の出すサインに敏感になろう

私を縛っていたのは紛れもなく私でした。私は今、27歳で、私はずっと「若いね。」と言われるのが嫌いでした。歳だけで何かを測ろうとする人が大嫌いでした。だからずっと心の中で、中指立てて生きて来た。「お前に私の何がわかる。大した苦労もしたことなく、生きて来ただろうお前に、1ミクロも私を語られたくないわ、ぼけ、消えろ。」(こわっ。えーippoちゃんそんな人だったん?って思った人すみませんww)

 

 

23歳までの私は、本当に心ん中まっくろくろすけでした。自分の中に1つも許可を出せてなかったんですよね。若く見せるのも、若さを使う抑えどころも計算してた。どこでどんな自分を出せば、人の懐に入れるのかその頃の私は無意識に熟知してた。だから「若いね。」と言われるたび、そんな自分がバレるのが怖かったんだと思う。あとその時はくまなく人を見下して生きてたから、本気で「お前はどう生きたらそうなるんだよ。」とか思ってたwwあと人を全く信用も信頼もしてなかった。

 

そして、1番はずっと羨ましかった。

 

自由に生きれる生きて来たように見えていた全ての人が。

 

f:id:mayatekihibi:20170608200034j:plain

 

その頃の私は、我慢して、努力して、人の顔色を疑って、頑張り続けてないと人と同じスタートラインにすら立てないダメなやつだと思っていて、必死に自分で勝手に設定した1番を走り続けようとしてた。そして、その自分の設定以外は隈なくバツをつけて生きていました。

 

少し手を抜くとすぐ追い越されるそんな恐怖とずっと独り相撲をしながら。

 

私は3年前友人の紹介で、心屋仁之助さんのことを知り、すごい素敵な(当時ヨガの教室と心屋式カウンセリングをしていた)Aさんからカウンセリングを受けていました。その時、「ippoちゃんは、自分に笑顔でいること以外の自分を全て許せないで生きて来たんだね。」と言われました。もう衝撃です。頭をハンマーで殴られたようなとはよく言ったもんですww

 

心屋式カウンセリングは様々な魔法の言葉を言わされるんですが、まーほとんど言えませんでしたね。だって、自分が許せてないことばかりなんだから。

 

 

最初の難関は今も忘れません。

 

「Gみたいになってもいい。」

f:id:mayatekihibi:20170608191750j:plain

私の許せないを体現していた仕事のできない後輩

私は当時、あるホテルの和食レストランで働いていて、ホールを任されていました。そこにワーホリで来ていた某国のG。ま〜この子ときたら、挨拶しない・返事しない・遅刻する・悪びれない・すぐ帰りたがる。と、いや〜何拍子そろっとんねん!!というくらい私のイライラポイントを付いてくる仕事のできない後輩でした。

 

当時イライラが抑えきれず、しかも発散方法がわからず溜め込みに溜め込んでいたので、もっぱらの課題はイライラとの付き合い方でした。自分でも怖いくらい「怒り」の感情が自分では収集がつかないほど暴れ出すことが日常を占めていたから。

 

そこで最初の難問。もう一度書きます。

 

Gみたいになってもいい。

f:id:mayatekihibi:20170608191750j:plain

 

無理無理無理無理無理無理無理無理!!!!!!!!!!www

 

 

「Gみたいになって。。。。。。。。も。。。。。

よくなああああああああい!なりたくなあああああい!」笑

 

 

 

Aさん「うん。言って。」w

 

心屋式鬼か!って思ってました(笑)

 

f:id:mayatekihibi:20170609003723j:plain

 

当時自分にかけていた魔法の言葉(ほんの一部)

  • Gみたいになってもいい
  • 返事をしなくてもいい
  • 挨拶をしなくてもいいよ
  • 人はそれぞれ違う。それでいい
  • 〇〇さんはいろんな考え方を教えてくれるありがたい人です
  • 〇〇さん視野を広げてくれてありがとう
  • 色んな考え方を教えてくれてありがとう
  • 私どんどん変わっていくんだな。どんどん楽になっていくんだな。教えてくれてありがとう。私の未来を見せてくれてありがとう。
  • わかってもらいたいと思っていいよー
  • わかってもらいたかったんだよね〜
  • 寂しかったんだよね〜
  • とってもとっても悲しかったんだよね〜
  • それでいいんだよ〜
  • それで良かったんだよ〜
  • 何ができてもできなくても私は愛される。私には価値がある。
  • 嫌われてもいい
  • 嫌ってもいい
  • どっちでもいい
  • 大好きがあるから、大嫌いもある。それが普通。
  • 大変だったんだよね〜
  • よく頑張って来たね
  • よくやって来たね
  • わかるよ、今まで一人でよく頑張って来たよ!
  • あの時はあーするしかなかったんだよね
  • そうやって生きてくしかなかったんだよね
  • 怒ってもいいんだよ
  • キレたっていいんだよ
  • 愚痴ったっていいんだよ
  • どんなippoも素敵で大好きだよ〜

f:id:mayatekihibi:20170608211425j:plain

 

ひとつひとつ。自分を縛っていた設定を外して、許可して、許して、抱きしめて。

そんな中、当時言えなかった魔法の言葉。

 

大丈夫じゃなくていいよ。

 

それまでの私の合言葉は、「大丈夫」でした。

 

何があっても「大丈夫」何が起こっても「私はまだ大丈夫」深く傷着いたとしても「大丈夫、大丈夫、大丈夫、ippo大丈夫だよ、大丈夫大丈夫大丈夫。。。。」

 

 

f:id:mayatekihibi:20170608204308j:plain

 

だから、大丈夫じゃなくていいの言葉がどうしても言えなかった時。

 

あ〜私は大丈夫じゃない自分すら許可できてなかったんだ。そうやって生きて来たんだ。頑張って生きてきたんだ、傷つきやすい自分を自分で守って生きて来たんだなと、初めて自分の中のもうひとりの自分を見ることができました。

 

そこから、

 

「許可する」

  ↓

「逆の言葉を繰り返し言う」

  ↓

「〜してもいい。〜やってもいい。〜になってもいい。」

  ↓

「呼吸を丁寧に、感情を感じ切る。」

を、繰り返し繰り返し本当に繰り返しやりました。

 

そうしたら、世界が変わり始めたんです。きっと周りは何も変わっていません。

 

私が変わったんです。

事実だけを見られるようになって、問題を問題視しなくなった。目の前に起きてることは、全て自分の内側で起こってることでした。私が私を許可したぶんだけ、私の世界が広がる。私が私を許したぶんだけ、世界が優しくなりました。

 

f:id:mayatekihibi:20170608200112j:plain

 

なぜ長々とこのことを書いてるかと言うと、私自身が今まで忘れていたからです。この時毎日していた

 

「自分を大切にするために、自分のサインに敏感に、ひとつひとつを見逃さない。」

 

と言うことを。今ある現実は自分を大事にしたぶんだけ、広がって優しくなると言うことを。

 

正直自分の過去の話は、重くなるし、一歩間違えば不幸自慢になってしまうので描くたび怖いです。でも、事実それは私の中に起こったことで。でも私は常にそんな自分を、自分だけは絶対諦めないと生きて来たから、試せることは全部して来た自信がある。どうすれば、望まない現実を変えられるのか、どうすれば自分を幸せにしてあげられるのか。私は、私のプロだから、妥協はしないできた。

 

自分に嘘のない人生を生きるために、私は生きると決めました。それが世界平和に繋がると本気で思っています。

 

自分を全力で幸せにすると願う全ての人に。少しでも私の経験が役に立ちますように。

 

思い切って自分を愛そう

 

f:id:mayatekihibi:20170608191257j:plain

 

ippo